フィリピンでのビザに関する諸情報

フィリピンでも国家として外国籍の人が入国・滞在するにはルールがあります。

査証(ビザ)は入国・滞在の資格を証明する物

フィリピンの入国管理法によって書類の審査があり問題が無ければ旅券に記載されます。

ビザの種類まとめ

■査証(ビザ)無しで滞在できるケース

特定の国民(日本含む)では短期(最大で30日)であればビザなしでフィリピンに滞在する事が可能とされています。

この間、観光目的は勿論、商用目的でも滞在が可能です。会議、ミーティングなどで行く事ができます。

■短期の語学留学のケース

短期渡航者用ビザの申請が必要。フィリピンの学校が発行した入学許可書の提出が必要となる。特別にビザの申請が必要なわけではなくいわゆる「観光ビザ」で入国・滞在できる。観光ビザの期限は30日なのでその都度延長の申請が必要となる。

■フィリピン国内での就労・求職のケース

短期滞在者は特別就労許可(Special Work Permit)の取得が必須。

長期の場合は外国人雇用ビザ9(G)の取得が必須となる。

■永住権が認められるケース

投資家用特別居住ビザ、特別居住退職者ビザの取得で可能。

日本人のフィリピンでのビザの取得は他国と比較して容易に取れる印象があるでしょう。ただしビザは昨今の国際情勢に合わせて取りやすさが変わってきます。以前はお心づけ(お金)次第の事情もありました。

一度不法な方法で入国したり労働して露見すると2度とフィリピンに入国できない事態になる事もあります。

世の中にはいい加減な企業があります気を付けて

日本人の雇用を獲得するために内定を出したり、フィリピンへの招へいの口約束をしたりする悪徳企業があります。

日本国内で就業できなかった若手の学生や、フィリピンでの滞在、語学留学を希望するような切羽詰まった人を雇い入れるためです。

無知な日本人は就労の許可無くして働かされるケースも見られます。いざ給料を払う段階になって支払わなかったり、密告により不法労働で摘発されたりします。

まずはその企業との「雇用契約書」を確認することです。口約束だったりしませんか?業務委託とかボランティア等と書かれていませんか?給料は手渡しとか、謝礼として渡すとか。法の抜け道を使ってるように見えませんか?

国際的なルールは守ってフィリピンであっても働かなくてはいけません。ちゃんとした企業に雇用してもらうためにフィリピンで使える人材紹介会社を活用する事がそういったリスクから身を守る事に繋がります。→トップページにてご確認ください。フィリピン求人ナビ

ビザに関しての記事は以下のメニューからご覧ください。

ページの先頭へ