nayami

現地採用でフィリピン人と共に働く場合、そのフィリピン人の働き方や品質について、日本の働き方との違いにたじろぐことがあります。

しっかりした覚悟とフィリピンという国への認識さえあればよい結果が得られると思いますが。

・英語が堪能であればいいのか?
・現地の言葉ができればいいのか?

多くの方はまず最初にそう考えるはずです。

勿論、英語がある程度(日常会話)できたほうがよいです。現地語もできればそれに越したことはないです。

ですが日本の社会の感覚でフィリピンで仕事をしようとすればどれほどの語学力があっても無理でしょう。

企業が求めているのは実績を上げる人材であるはずです。

フィリピン人が日本の企業や会社の働き方を学び習得できなければ、共に働き、あるいは部下として使う事などできやしません

どれほど語学力がある日本人が行ってもその企業にとっては満足できる結果はでないのです。

フィリピン人に対しては本気で仕事をしているように見えない。適当に仕事しているように見える。仕事中であっても私語を優先し業務に集中していない。など、少なくとも日本人や欧米人の感覚からするとそう映ります。

給料を多くしても待遇をよくしてもその体質が劇的に変わることもありません。(参考:フィリピン人の働き方

フィリピン人の会話の特徴や気質をわかった上でコミュニケーションがとれないと日本から転職した後、仕事にならない事になってしまうでしょう。

フィリピン人に対して日本の企業で日本の仕事をする上での仕事の質(商品の品質)であったり、サービスのクオリティであったり)を学ばせ身に着けさせることができる覚悟と認識があればフィリピンへの転職と日本で今後求められる人材になりえると思います。