cebryugaku

フィリピンの公用語はタガログ語(フィリピノ語)と英語の両方が使われています。

フィリピンは7千あまりの島々から成る国ですので、その島々ごとに言語があると言っても過言ではないくらい多種多様です。

例えばフィリピンを大きく地域と主に使われている言語に分けても、北部はイロカノ語、メトロマニラ近郊はタガログ語そして南部はセブアノ語に分類できます。

その中で最も人口が集中するメトロマニラ近郊で使われているタガログ語を、標準語のフィリピノ語として公用語のひとつに定義されているわけです。

このように様々な言語が使われているフィリピン国内で共通言語としての公用語は重要なのですが、日常会話はそれぞれの地域の言語を使っている人々がほとんどです。

そのため公用語に対する力は人それぞれと言った感じです。

まず英語ですが海外に出たことがある方や高齢の方の多くは流暢な英語を話す方が多いです。

なぜ高齢の方が英語が上手かと言うと、かつて英語重視の教育が行われていた背景があるからでしょう。

近年では、どちらかと言うとフィリピノ語重視の教育に変遷していることから、フィリピノ語が普及浸透していると言えます。

さて日本人がフィリピンに長期滞在する場合、英語、フィリピノ語どちらの言語でも不自由なく過ごせるでしょう。

それでも、少しでもフィリピノ語を話すことができれば、気さくで陽気なフィリピンの社会に溶け込む助けになることは間違いありません。もしフィリピンで働こうと思ったら英語が出来れば概ね大丈夫です。フィリピンで就職するのに必要な語学力とはの記事も確認してみてください。