日本は、今少子高齢化に直面しています。その状況は、経済まで影響を及ぼす事が確定しています。つまり、国を下支えするのは、人間です。その人間が減少することは、国力の低下を意味しているからです。働き手が減少し、社会福祉や医療費が必要になる人口のみが増加することは、健康な国の形とは言えないのです。

このように、経済に深刻な影響を及ぼしかねない状態にある日本と比較し、フィリピンは、今現在人口が急激に増加しています。特に、働き手となる若者の人口増加が目覚ましく、あらゆる人口の中でも最も多い割合を占めています。つまり、フィリピンの経済は今後ますます活発化し、景気が上向きになる可能性が高いと考えられているのです。

また、フィリピンは経済発展が目覚ましい、東南アジアの国の1つです。東南アジアの国々は、世界からの投資や出資が相次ぎ、景気が上昇しています。こうした流れは、今後も堅調であると予測されているため、それら近隣の国々ともに、フィリピンの景気も同様に押し上げられることが予測されています。

ですから、フィリピンで起業することや、仕事を始めることは今が良い機会であり、間違いのないタイミングであると言えるのです。

日本では今や実感することのできない、人々の活気や希望が満ちており、働くことの意欲を取り戻すことができる国なのです。また、フィリピンには多くのチャンスも眠っているため、今までの経験を生かして再起を図ることも可能だと考えられます。