pcdeskwork

フィリピンには、様々な分野の日系企業が進出していますし、ヨーロッパやアメリカを始めとする外資系の企業も多いので、総務や人事、一般事務、秘書などの求人も見られます。

日本からの駐在員という形での雇用よりも現地採用といった形の雇用が多い傾向にあります。

特に一般事務の仕事は全体的に多く見られますので、求人を見つけやすいでしょう。

フィリピンの現地スタッフと日本にある本社デスクとのやり取りや、経理上の書類作成や報告WEBページ更新管理などを任される場合もあります。

また、フィリピンに駐在している日本人スタッフの総合的なサポートなども行い、その仕事の幅は大きいものがあります。

スキル面での不足はないか

一般事務などの場合は特に目立ったスキルは必要とされていませんが、やはり英語能力とパソコンスキルは必須です。

細々とした業務を現地スタッフや現地の企業と行う必要があるため、通常の範囲でのビジネス英語はなくてはなりません。

一方、パソコンスキルはエクセルやワードなど、通常事務で利用するプログラムを使えれば十分でしょう。

これに加えて、経理や簿記のスキルや経験があると採用の際に有利に働くでしょう。

また、秘書の募集では日本もしくはフィリピンでの業務経験が必要となるケースもありますので、応募要件をきちんと確認することです。

さらに、人事系の仕事は全体的に求人自体が少ないので、やはり人事担当として働いたことがある人にアドバンテージがあります。

 

給与は低いが

総務や一般事務の仕事では、技術職や営業職よりも給与が低い傾向にあります。日本円にして、10万円から20万円くらいの水準が一般的です。

もちろん、フィリピンにおける一般的な給与水準や物価の低さを考えれば、生活に不自由することのない給料でしょう。

これに加えて、住居手当や家族手当が付くことが多いので、比較的良い待遇と言えなくもないです。会社によって多少の違いがありますので、契約内容を人材紹介会社に相談しましょう。契約内容別に、使うと良いフィリピン求人サイトが異なるのでトップページから検討してください。→フィリピン求人ナビ