経済の急成長が目覚ましい東南アジアの国の1つが、フィリピンです。

経済の成長が著しい国の中でも、際立って安定的に成長を続けているとして、現在世界各国の企業から熱い視線を送られているのがフィリピンなのです。

では、フィリピンが他の東南アジアの国と異なり、安定的に経済成長を遂げている理由について考えます。

まず、人口の急増です。総人口は、一億人を突破し、特に、労働力となる世代の人口比率が最も高く、若いエネルギーに満ちています。

さらに、英語力の高さも経済の成長と関連していると言われています。フィリピン国内には、アメリカをはじめ、沢山の国の企業が進出を果たしています。

つまり、英語を流暢に使いこなせる人材が豊富で、有益な労働力として認められているのです。

こうした目覚ましい経済発展もあり、フィリピンで働くことに興味を持つ日本人も増加してきています。

かつての、日本の高度経済成長期のように、活気に満ちた国で働いてみたい、夢を実現してみたいと考える人が後を絶たず、その数は今後も増え続けると予測されています。

そこで、重要なポイントになるのが、日本人の英語力の問題です。

一般的に、日本人には苦手意識を持った人が多く、ビジネスに通用する語学力を身に付けている人は、それほど多くないのが現実です。

ですが、フィリピンで就職することを考えた際、やはり確かな英語力は必要不可欠であり、それなしでは、仕事だけでなく同僚とのコミュニケーションも取れなくなってしまいます。

少なくとも、日常会話ができるほどの語学力は必要で、それを身に付けてから就職先を探すことが良いとされています。