フィリピンの業界・職種別の求人探し

このコーナーではフィリピンで日本人が働ける業界や職種の話をまとめています。

フィリピンで日本のようなどんな業界でも仕事があると思ったらそうはいきません。ご存知の通り発展途上の面がありますから製造業、建設業の仕事が多めです。

アジアの国での求人は同じような展開を辿りますので最初は観光業、ホテル、製造、建設、流通、プレス関係が多く営業職、事務職、秘書、翻訳での求人が見られ、国の発展に伴ってIT系やサービス業で日本人向けの求人も増えてきます。

日本の企業がどれだけフィリピンへの投資を魅力に感じ現地法人を設立するか、あるいはアジアへの進出を見据えてフィリピンに拠点を置こうとしているかが鍵となります。

この点は日本の景気とも連動しています。景気が良ければ海外に投資できる企業が増えてきますので。今海外進出に力を入れていると思われる業界で探すと意外と見つかりやすいかもしれません。(例えば流行っている日本食店などが挙げられます。)

様々な業界での日本人むけ求人情報をご確認ください

社会人の方は自らが今まで働いてきた職種がフィリピンで募集があるか確認します。職種の需要が無ければ求人がありませんので。

また現地のフィリピン人を雇用することでその仕事が賄えるなら日本人よりもフィリピン人を雇った方が安いので、その場合も募集はかかりません。

時流を見て今まで勤めていた業界とは違った業界で求人を探すことも視野に入れてみてください。比較的多い職種はエンジニア(IT、WEB、電気、機械)、営業職、マネジメント職、販売、物流、レジャー、ツアーの人材が求められる傾向があります。

くまなく探していればタイミングによって出てくる職種としては、医療、法律、金融、経営、コンサルティング、人事、バイオが挙げられます。

その他、詳細は以下のメニューをご覧ください。

ページの先頭へ