フィリピン国内には、外国資本が古くから流入しており、特にスペイン系財閥、華人系財閥による企業がフィリピンの有名企業になっています。

これらの企業は主に商社や農園などを営んでおり、とても古くからフィリピンに入っているため、外資系企業というよりは現地企業として扱われているのです。

ここで、特にフィリピン国内で有名な企業を紹介していきます。

まずスペイン系で代表的な企業というのが、不動産や金融、通信事業を主に展開している「アヤラ・コーポレーション」商社です。

会社として180年以上もの歴史を持つ誰もが知っている有名企業なのです。

たとえば、日系企業が現地にて何かしらのビジネスをおこなう場合には、ほとんどの企業がこのアヤラ・コーポレーションと商流を持つことになるでしょう。

そして華人系で代表的な企業が、フィリピンに定着したコファンコ家によって農園や不動産などの事業を展開されている「ホセ・コファンコ・アンド・サンズ社」が挙げられます。

その他にもシー財閥が展開するフィリピンの小売最大手「SMグループ」、ユーチェンコ財閥が展開する「マラヤン保険会社」、ルシオ・タン財閥が展開する「フィリピン航空」などいろいろな企業があるのです。

フィリピンにて仕事をするのであれば、必ずといっていいほどに目にしたり、ビジネスでの付き合いを持ったりすることになるでしょうから、大手企業についての情報も把握しておいた方が良いかと思います。