tagick

国が変われば環境や待遇が変わってくる、これは当然のことながら、実際に自分が体験すると驚いてしまうものです。

最近は税金の関係で国外に工場を作る日本の会社が増えていて、日本人が現地に駐在員として派遣されることも多くなっています。

国は多くありますが、その中でフィリピンというのは比較的親日であり、法律などから工場が作りやすく、派遣されている人も多くなっているのです。

それではフィリピンでの暮らしはどういうものかというと、給与や福利厚生面での待遇面は素晴らしく良く、2LDKや3LDKのコンドミニアムを社宅として、場合によっては無料で住ませてもらえる日本企業も多くなっています。(参考:フィリピンの日本人街

そしてメイドさんを雇うのが当然となっていて、家事全般をすべてお任せできるのでセレブ同然の生活ができるようになるわけです。

さらに移動用の社用車を貸与されるのが普通となっていますが、事故防止、就職先のひとつとして、自分で運転厳禁の会社が多くなっていて運転手を雇うことになりますが、こちらの費用も会社持ちの企業が多くなっています。この車はプライベートでも使えるので、社長気分を味わえます。

しかもフィリピンは物価が日本に比べてとても安くなっているので、給与に関しては日本国内にいるのと変わらない、もしくは多くなることもあるので、贅沢なら暮らしができるようになります。

もしも会社から打診されたなら、一度行ってみるのもよく、居心地が良すぎて帰国が嫌になるかもしれないです。