フィリピンでの就職や転職をすると言っても、地域によってそれぞれ求められている日本人の業種が異なっております。

ほとんどの場合、フィリピンでの就職を考えるとすれば首都マニラ、もしくは国際的なリゾート地であると共に、最近では英語学習のための留学地として人気の高いセブ島が中心となっております。

マニラ

まず、首都マニラで求められている業種の中心となるのは製造業です。

その他にも商社やサービス業界、アウトソーシング業などが挙げられます。

職種としては、営業、事務、カスタマーサービス、コールセンター、専門的な技術職が求められており、サラリーマンとして働くという形が多いのではないでしょうか。

また、その他にはフィリピンにて生活をしている日本人の方に向けた日本食レストランだったり、日本の物を販売するお店など、日本人だからこその職業もあります。

セブ島

cebryugaku

そして、セブ島での仕事となればマニラとはまったく違っていたりするのです。

国際的なリゾート地ということで、ホテル業務やダイビングショップなどといったように観光や旅行業などに携わる方もいらっしゃいますが、特に留学生の対応をする英語の語学学校での仕事が非常に多くなっているのです。

英語学校、オンライン英会話スクール、そこの教師としてだったり、学校の運営をするための仕事も求められます。

これらの職種の違いによって同じフィリピンであっても生活環境は違ったものになりますから、それぞれのエリアの情報についても調べておくと良いでしょう。
特にセブ島での求人に関してはこちらの記事も参考にしてください。→セブ島での求人探し